FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

005 ブレイジングは楽しいYO! その1

  24, 2015 02:17
ブレイジングです。
強度確保が目的です。ギターの弦はスティール弦なんかだとライトゲージでも70kg近い張力が発生します。
当然ブレイスが全く無いギターであれば、ブリッジ周辺が摘み上がるように膨らんでしまいます。最悪割れるということも考えられます。

そこでブレイスを表板に貼るのですが、これがとーても繊細で奥が深~い。ようです。
スティール弦のアコギならマーチンに代表されるXブレイスというのが一般的かと思われますが、ウクレレは(サイズにもよりますが)ファンブレイスと呼ばれるものが多いようです。
しかし「ukulele bracing」などど検索してみると実に様々なブレイスが見られます。
正解の存在しない、作り手の意図が様々に交錯する非常に面白い工程であります。
とはいえ今回は初めての経験なので一番参考に出来る作例の多いファンブレイズにします。

IMG_0358.jpg
厚み調整が8割方終わっているトップ板に製図します。
この段階ではブレースの長さを確認出来ればいいので、センターライン以外は割とラフな線です。

IMG_0359_20150123165718dba.jpg
アイモクさんで買ったスプルースのブロック。1100円也。
結果的にウクレレ2本分のブレースが取れました。

IMG_0360.jpg
しかしこの縦挽きは中々大変です。
一応万能タイプのノコギリですがやはりサクサク進む訳ではありませぬ。
4本切り終えたところで右肩に違和感を覚え、不器用選手惜しくも退場!

IMG_0361_201501231657206b0.jpg
そこで秘密兵器「鉈(なた)」の登場( ゚Д゚)ノ
「真っ直ぐ木目の入った針葉樹なぞコイツでスパーンとやったるワイ」
と意気込んでみましたが写真の通り見事に・・・。
スパーンと行くにはちと長すぎなんじゃなかろうか?
うーむ。何かもっと楽に確実に割る方法はないものか!

IMG_0362.jpg
ブツブツいいながらも大体必要な量を切り出せたので次は高さを決めます。
果たしてどのくらいが適当なのだろうか?
コレを低くしてしまうと強度が大きく下がってしまうので、スティール弦のアコギでは非常に神経を使うようです。
一方ウクレレは弦のテンションも低いしまぁなんとなくでいいんじゃないかなぁ・・・。
人間、疲れてくると仕事が雑になるのはごくフツーの事。
ウクレレは雑に作った方が良い音するのだ!(ソンナワケアリマセンネ)

IMG_0363.jpg
え~、ブレースが凸型に削ってあるものをスキャロップド加工と言い、そうしないものをノンスキャロップド加工と言います。
一般的にスキャロップドした方が高音が出やすいらしいです。が当然強度は下がります。
この辺のバランスの取り方がキモになるようです。
しかしこのカンナ使いにくいなぁ。やはりコーノ師匠に倣ってノミを使うか。

IMG_0364.jpg
この加工は表板・裏板にブレースを接着してからタッピングなぞしつつやるべきものですが、
実は一番楽しみにしていた作業なので、息抜きのつもりで手を付けます。

IMG_0365.jpg
案の定、このノミで削る作業。楽しいったらありゃしないw
コツをつかむまでは思い通りの曲線になりませんが、徐々に良い感じに。

IMG_0366.jpg
裏板は15Feetに削るので2mmほど削りシロを残しておきます。
接着してから削ればこんなことしなくてもいいんですがねw

IMG_0367.jpg
うおぉぉ面白いよぉぉぉ。
あぁもう止まりませんね。

IMG_0368.jpg
結局ファンブレースの部分以外スキャロップド加工してしまいました。
まだ多少微調整の余地もあるしいいかな。ウン
関連記事

Comment - 2

deoemon  

No title

う~ん、ブレイス楽しいですよね!
ウクレレですか。
いいですね。
やはりノミがやりやすいのでしょうか。
見ているとやりたくなってきてしまいます。

Edit | Reply | 
名匠( ゚Д゚)泰双  

No title

deoemonさんこんばんわ!
いやぁスプルースって加工し易くてなんかカワイイ奴って感じですね。頬ずりしたくなります(トゲ刺さりますがw)
自分は鉋がまだ上手く使えないのでノミの方がやり易く感じます。精進せねば・・・。

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。