FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

006 ブレイスその2・・・の前にアレ忘れてた(´・ω・)ノォ

  29, 2015 20:07
ブレイスの切り出しも終わったので、早速接着したいところですが、
表板のロゼッタを忘れてました。
この工程はブレイス貼る前でないと色々都合悪いです。

IMG_0370.jpg
さて、ロゼッタに移る前にまだ少し残っていた作業を片付けます。
ブリッジ裏の補強板です。
メイプルの端材から2つ取る為、スライスしております。
ゼーゼー。マグロの解体ショーではございません。

IMG_0371.jpg
三枚におろしましたら、鉋掛けしてザックリ均します。
軽くお塩を振って頂いて(嘘)、ドラムサンダーに掛けて2mmまで薄くします。
ドラムサンダーがご家庭に無い場合は鉋などをお使い下さい。

IMG_0372.jpg
さて2mmと書きましたが特に理由はないです。
何しろどの位の強度を担保すべきものなのか?皆目見当も付かないからです。
色々調べるとソプラノタイプなんかでは補強板自体ない方が良いという話も出てきます。
この辺もブレイス同様、製作家の思惑が交錯して面白いです。
敢えて言えば、表板と同じ厚みにしてみました。って所でしょうか。
材の選定もメイプルで良いものか全くわかりません。
とにかく一つ一つ作りながら、感じ取りながら、次に生きていけばいいなぁという程度です。

IMG_0373.jpg
で、この厚みを測る道具。そう!シックネスキャリバー( ゚Д゚)ノ
買いました。物欲神の啓示がありましたので致し方なく。
自作も考えたんですがコレは何故か欲しかった!欲しかったから自作しなかった!(ウム、揺ぎ無いな)
レバーを引くとダイヤルゲージの芯が持ち上がり、離すとバネの力で降りてくる構造です。

IMG_0374.jpg
話を戻します。
メイプルとはいえ2mm程の厚みなら、カッターで切った方が正確&早いです。

s-IMG_0631.jpg
さて、いよいよロゼッタですが、うお!なんじゃこりゃ( ゚Д゚)
コレは初めて手掛けたアコギのリペア(という名の破壊活動)で大失敗した様子です。
円切りカッターなるもので、ロゼッタ溝を掘ろうとして不器用全開でズタボロにしてしまったヤツ。
この失敗を踏まえて・・・

IMG_0375.jpg
ウィーン。はい終わり。
ドルメルルーターとstewmacの専用ジグです。
うーむ。なにやら微妙な敗北感すら感じる簡単さ。
あの失敗は何であったのか!

IMG_0376.jpg
模様はシンプルに黒白黒白黒。
stewmacのバインディング素材でABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレンプラスチック)樹脂製です。
大和マークさんで買えるのはCAB(セルロース・アセテート・ブチレート)製。
似て非なるものです。
この接着で難儀する事になるのですが、長くなりそうなので次回に。

IMG_0377.jpg
どうやって接着固定するかな~と思案すること3日程。
MDFの合板に同じ溝を掘って接着後クランプしようと考えました。

IMG_0378.jpg
今回は円上部が指板に掛かるのでつなぎ目は見えません。
ソプラノタイプなんかだと指板が短くて、キレイにくっ付けないと見っとも無いですけどね。

IMG_0379.jpg
奥村氏が木材でロゼッタを作っているのを見て見よう見真似で画鋲クランプ。

しかし、結局この方法では上手く接着できませんでした。
先程話に出た、接着剤の問題です。
詳細は次回・・・。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。