FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

014 重要工程!ダブテイル加工 

  22, 2015 19:10
いよいよダブテイル加工!
の前にバインディングの仕上がりを確認。

IMG_0479.jpg
大体良いように見えますが・・・

IMG_0480.jpg
微~~妙にラインがずれています。
あとエンドトリムもセンターから左に寄ってしまってます。
もうちょっと慎重な作業をすべきでした。

IMG_0486.jpg
さて、重要工程ダブテイル加工です。
今までは、ソリッドのボルトオンネックばかりだったのでこの工程が今の自分にとって一番の壁。

ウクレレのジョイント方法にも色々ありますが、ダブテイルの良さは(精度よく加工出来れば)接着剤なしでもほぼ動かない。って事かなと思います。なんでそれがメリットになるかというと、この後ブリッジの位置決めが終わるまで何かとセンターラインを確認せねばならんのですが、それがストレートジョイントより安心感がある気がするのです。ストレートだと微妙に左右にブレる可能性が高まると言うか・・・。まぁやった事もないのにそんな感じがすると言うだけでダブテイル採用という単純かつフーレバーな理由であります。

さて言うは易し、行うは・・・
散々準備して色々思案巡らせていましたが、やはりというか思い通りなりませんでした。

IMG_0488.jpg
2種類のビットを用意。
まずベアリングつきのストレートビットで掘り、その後ダブテイルビットで角度を付けます。

IMG_0489.jpg
写真とる余裕無かったのでいきなりその後の写真です。
見た目以上にはしっかりハマってくれているのですが、
ネック側作業の時クランプが甘かったのか少しセンターがずれてしまいました。
これは最悪です。次に活かしましょう!

IMG_0491.jpg
あと予想以上にダブテイル自体が小さかったのでジグを作り直します。

IMG_0492.jpg
入念にセンターを再確認しています。
写真はパースがついて斜めに見えますがw

IMG_0493.jpg
いざ!

IMG_0494.jpg
1本目はこの作業中にネックがずれたのだと思います。
トリマーの力を侮ってはなりませぬ( ゚Д゚)

IMG_0495.jpg
どうでしょう?
まだフィッテイングが必要ですがさっきのヤツよりマシになりました。
少なくともセンターは狙い通りにきました。

IMG_0496.jpg
左が作り直したジグのヤツ。
右のはちょっと小さすぎるように感じませんか?
今更ですが一つは贈答用。このブログにもたまに遊びに来るエースの城さんの為の1本。
昔、プライベートで色々世話になった恩人です。
もう一つは自分用。出来の良い方を贈答用にしようと考えていたのですが、この段階で決まりそうです。

IMG_505.jpg
微調整をしていきます。これが大変でした(;´Д`)y─┛~~.
ジグの正確さも必要ですがこの調整も大事。腕の差がハッキリ出るところでしょうか。
写真はカーボン紙を使って当たっている箇所を特定している所。

IMG_506.jpg
サイド側のスキマを確認するためにこの段階である程度ネックヒールを削ります。

IMG_507.jpg
丸一日近く、悪戦苦闘して何とか面いちに出来ました。

IMG_508.jpg
サイド側。
ちょっとフィットが甘い気がしますが、まぁいいでしょう。
正直疲れ申した(;´Д`)y─┛~~.

最後におまけ。
マーチンの工場動画です。見たことある人も多いと思いますが、
この14分20秒くらいに登場するおばさんがまぁ強烈です。

実に無造作にたやすくフィッティング作業をしているではないですか!
CNC加工されたもの調整しているだけと言えばそうなんですが・・・。
しかしスゴ技や!もう結婚してくれ( ゚Д゚)
関連記事

Comment - 2

エースの城  

No title

以前そう願ってはいたけれど、私に贈答する分と今回言われた時には戦慄が走りました。製作に苦労されているのが解るだけにもう二度と口にすまいと思っていました。無償で頂くわけには行きませんが完成するのを首を長くして待っています。

Edit | Reply | 
travispitz  

No title

大変は大変ですが楽しんでやってますから。
お気になさらず。
報酬は城さんの美声披露でお願いします(笑)

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。