FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

008 ロゼット作成その1

  26, 2015 18:31
側板崩壊の傷跡も癒えぬままロゼット着手です。
というのも、FoxBenderを色々改良しているのですが、
材料の調達に時間が掛かってしまいその間ヒマでして。
先にロゼットをやってしまおうかな?と。
バージョンアップしたFoxBenderの記事は後日upします( ゚Д゚)ノ

さて、00のロゼットは何がいいかなぁ~と色々なサイトや動画を参考にしました。
動画はクラッシックギターのものが多かったりするんですが、これが面白い。

この動画は有名でしょうか。見ていてなんとも楽しいですね。

色彩が鮮やかですね~。

この人は立体的な模様を彫るという荒業を披露!

かと思えば見てるだけで気が遠くなるものも・・・。

いずれもプロが惜しげもなくその技を公開してくださって、
非常にありがたいです。
しかし最初からこういう難易度の高いものに挑戦する
無謀さを推し量れる年齢になりましたので
出来るだけシンプルにしようと思います。
元々シンプルなものが好きというのもありますが。

IMG_00_97.jpg
1つ目は余ったサイドバックの組み合わせで作ります。

IMG_00_98.jpg
1ピース分のテンプレ作って・・・

IMG_00_99.jpg
切り出していきます。

IMG_00_100.jpg
横にずらして行くだけなので割りと簡単です。

IMG_00_101.jpg
並べ方で結構印象変わるので悩んでます。
最終的にインドローズ、マホガニー、オバンコール、ホンジュラスローズの順で組みます。

IMG_00_102.jpg
これを接着したいのですが、MDFだとタイトボンドでくっ付いてしまうので・・・

IMG_00_103.jpg
これを使ってみます。
100円均のまな板です。
素材がポリプロピレンなので絶対くっ付きません。

IMG_00_104.jpg
ただ、厚みが2mmしかないので溝は1mmくらい。
接着するだけなら大丈夫でしょう。

IMG_00_105.jpg
接着終了。

IMG_00_106.jpg
内側はラフなのでジグにハメ直してトリミングします。

IMG_00_107.jpg
さて2つ目はどうしようかな~。

IMG_00_108.jpg
アイデアもなく、そんなに凝ったものも出来ないので
インドローズ、オバンコール、ホンジュラスローズでシンプルに。

IMG_00_109.jpg
とはいえ接合部のすり合わせは結構な手間が掛かります。

IMG_00_110.jpg
あと2つは貝を入れたいと思います。
1つはグリーンアバロン。
横着してドルメルで切り出し。

IMG_00_111.jpg
下にずらしていくと穴が外に出るので同じ厚みのメイプルを延長。

IMG_00_112.jpg
糸鋸でやった方がアヴァロニを節約できるのですが、
私の力量では多分同じような結果になったでしょう。
だからってチャレンジしないといつまでも上達しないよね!( ゚Д゚)ノ

IMG_00_113.jpg
簡単なジグで接合面を整えます。

IMG_00_114.jpg
この段階では、とりあえずOK。

IMG_00_116.jpg
最後は大和さんで言うとこのラミネート赤貝。
確かに緑より赤いです。(アタリマエダ

IMG_00_115.jpg
今回の作業でビットを2本折ってしまいました。
貝は硬いですから細いビットに無茶させてはいけませんね(´・ω・)
やはり糸鋸で切り出せねば・・・。

後は基本的に周囲にラインを入れていく作業を施します。次回。
関連記事

Comment - 2

エースの城  

No title

ギターの表面の穴の縁の飾りですか 動画の難しい細工は穴の蓋になるのですか

Edit | Reply | 
travispitz  

No title

そうですね。蓋というよりは中世ヨーロッパの楽器「リュート」とか「ギターン」に見られる装飾ですね。
装飾的な意味合いと強度確保が目的と思われます。

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。