FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

012 ヒール・エンドブロック~ライニング

  06, 2015 22:45
サイドベントが終わったらヒールブロックとエンドブロックの接着です。

IMG_160.jpg
まずは余分な部分のカット。
矢印の方が基準になっていますので、それに対し垂直にカットします。

IMG_161.jpg
こんな感じ。

IMG_162.jpg
マホガニーのブロックから必要な大きさを切り取ります。
この時、木目は横方向(サイドと同じ方向)に貼り付けます。
つまりトップとバックの接着面では直交するようにという事ですね。
この辺はコーノ師匠のHPを参考になさると良いでしょう。私も師匠の見て初めて知りました。

アイモクさんのヒールブロック。
図面通りなら2つ分取るのはギリギリ無理です。(そういえばまだ図面UPしてなかったなぁ)
そこで気合入れて作る2本は図面通りにケチらずに、残りの2本は少しケチって2つ取ります。
気合と言うか、ココまで大きな失敗しなかったインドローズとホンジュラスローズはキッチリ図面通り
やってみたいなと言うだけなんですがね。
無論、オバンコールも気合入れて作りますよ!でもまぁ気分の問題というか・・・。

IMG_163.jpg
写真にちらっと写ってるクビレを押さえるツッパリみたいなのは結局使わないのかな?
一応作ったんですがココまでの工程では必要ないですね。
あ、バック接着する時はあったほうがいいのか。

IMG_164.jpg
ヒールは直線なので必要ないですが、エンドブロックは緩やかなカーブしてますのでピッタリになるように成型します。
クランプの予行練習したら接着です。

IMG_165.jpg
丸一日置いてバック側のR付けをします。
大まかにカンナで削り・・・

IMG_166.jpg
後は15Feetのディシュでガシガシ削ります。
が、これがシンドイ。奥村氏は「運動になるから良い(笑)」と仰っておりますが
これは間違いなく筋肉痛になるレベルです(笑)
コレに限った話ではないですが、製作は体力勝負な面も。
冗談抜きにギター製作始めてから腕が少し太くなりました。
お腹周りも太くなったけどね( ゚Д゚)ノ

IMG_167.jpg
つつがなくライニング接着。
木製洗濯バサミクランプはウクレレの時に作っておいたので少し手間は省けました。
ライニングの接着は一旦付けたRの線から少し出っ張るように接着しました。

IMG_168.jpg
接着後、その出っ張りをもう一度ディッシュで成型。
これでバック面のブロック、ライニング、サイドの板厚が全て15Feetの曲線になった訳です。

IMG_169.jpg
これは割れたオバンコールですね。
修復跡を薄く削り取ろうか、このままライニングの一部としようか悩んでる所です。

IMG_170.jpg
あ、そうそう。最初に失敗したアフリカンマホガニーを新規に大和マークさんから購入。
アイモクさんは未だSoldOut!大和マークさんのモノはどうやらアイモクさんの2A相当のものです。
値段もほぼ一緒ですしね(笑)

IMG_171.jpg
で、アッという間にブロック接着まで。
やれやれようやくFoxBenderを片付ける事ができるワイ(;´Д`)y─┛~~.

IMG_172.jpg
次々と形になっていくのは良いんですが、置き場所が問題。
とりあえず紐に吊るしておいてますが、トップとバック接着した後はどうーすっかなぁ・・・。
関連記事

Comment - 2

エースの城  

No title

形がはっきりしましたね後どのくらいで完成ですか
全部で3本作るのですね。

Edit | Reply | 
travispitz  

No title

>城さん
んーまだ3割といった所でしょうか。
先は長いです。

今回は登場してませんが、もうヒト素材あります。4本作りますよ!

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。