FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

003 ブリッジ位置決め~導管埋め Z-POXY登場!

  13, 2015 18:10
最近、写真を撮り忘れる事が多く「アンチエイジング」と言う言葉に
魅惑の香りを感じてしまう今日この頃。
このブログを書くというのが多少なりとも老化防止に役立つかもしれん
と言い聞かせております。

さて、ジャズベ&ストラトです。
なんとも取り止めののない流れの記事になってますがご容赦下さい。

IMG_JBSTR045.jpg
ブリッジの位置決めやってます。

IMG_JBSTR046.jpg
ストラトではノーマルな25.5インチ(647.701mm)のスケール長。
6弦の位置で5mmのオフセットを取り652.701mmとします。
自分は弦高高目が好きなのでちょっと多めにオフセットしますが、
低いセッティングが好きな方は1.5mm~2mmくらいでいいんでしょうかね?
エレキはサドルが動かせるので良いのですが幅は決まっており、
何れにせよココは慎重に考えた方が良い箇所です。

ちなみにこの作業中ナットには3mm厚のプラ板をはめてます。
それがないと定規当てながら鉛筆でケガいて、ウ~ン・・・・
なんて作業もままなりません。

IMG_JBSTR047.jpg
予定変更してH-S-H構成用のザグリいれました。
でも多分シングル3発にします。後々の為にって事で。

IMG_JBSTR048.jpg
こっちはJazzBass。
レンチ用の溝掘ったら、トラスロッドがど真ん中に来ていないことが判明!
ウム。もうどうにもならんからOK( ゚Д゚)ノ
レンチが回せればOK!(イヤ、良くないですね・・・)

IMG_JBSTR049.jpg
今日のメインディッシュです。
これまで導管埋めにとの粉とか水性フィラーを使ってましたが、
Z-POXYというものを使ってみます。
これは奥村氏のブログに紹介されていて知ったのですが、さてどんなもんでしょう?

IMG_JBSTR050.jpg
エポキシ系の2液混合。
硬化は3時間とありますが使ってみた感じ、最低でも8~9時間。
出来れば丸一日置いた方が無難でしょう。

IMG_JBSTR051.jpg
ヘラで伸ばして行くのですが粘度はそれほど無く、スムーズに伸びてくれます。

IMG_JBSTR052.jpg
なんというかりんご飴のような美味しそうな見た目になります。
ニオイはエポキシ特有のニオイがします。
そこそこ臭いです。

導管埋めを目的とするならりんご飴のようにベタっと塗る必要もないんですが、
アッシュのバーナーフィニッシュでは結構な凸凹が発生してしまう為
Z-POXYの層を作って平面を出そうとしてる訳です。

IMG_JBSTR053.jpg
つまりコイツが・・・

IMG_JBSTR054.jpg
こうなります。
って判りづらいですね(;´Д`)y─┛~~.
焼くと焦げた所が凹む訳です。
触るとハッキリ判ります。

IMG_JBSTR055.jpg
ジャズベの方は従来通り水性のフィラーペーストを使いましたが
やはり導管埋め性能、手間、サンディングのし易さ全てにおいて
Z-POXYに軍配が上がります。
音に対しては・・・まだ判りません。多分変わんないでしょう。

IMG_JBSTR056.jpg
色をどうするか。
青にしようとハリキっていたんですが
どうもキタナイ。顔料・染料にもよるんでしょうが、
現状上手く行きそうな気がしないので中止。

IMG_JBSTR057.jpg
で、結局黒にしたんですが、ん?
なんかハジいてるぞ?油脂分が付着していたのかな?
それとも導管埋まってなくて染みちゃってるのかな?
う~ん、ワカラン。
少し乾燥させてピンポイントサンディングしてリトライじゃ( ゚Д゚)ノ

IMG_JBSTR058.jpg
端っこはサンバーストするので良いとしても・・・
なんかムラが激しい。
元々焼き目にもムラがあった訳だしある程度しょうがないんだけど
まぁやり直しですね(;´Д`)y─┛~~.
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。