FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

026 ダブテイル加工 その3 ダブテイルジグの誤算

  28, 2016 12:07
最近チマタでは人工知能(AI)なるものが話題です。
囲碁のチャンピオンに圧勝したとか。
NHKスペシャルでやってたんですが、AIに過去の対局盤面15万局を覚えさせ、
さらにAI同士で3000万局の碁を打たせたのだという。
これは人間が一日10局打てば8200年掛かる作業量
つまり8200年後の未来の手をAIが打って来たという訳です。
そりゃ勝てんわな(;´Д`)y─┛~~.

ギター製作の分野にもAIで何かが起きるんでしょうか?
どんな名匠も思いつかないような方法とかね。
まぁしかしですよ。
AIってやつは成長すればする程、失敗が減る。
オレは今その逆を行っている。
と言う事は、「失敗する」という事象に関して
オレとAIの差が縮まることは永遠にない。
オレ様圧勝!と言う訳だ( ゚Д゚)ノヨッシャ

・・・えー、今回はダブテイルジグにまつわる失敗です。

IMG_00_486.jpg
の前に、以前作った赤いストラトをプレゼントしたR君から粋な贈り物が届きました。
まだ10歳かそこらなのに判っておるではないか!
オジサン有り難くラッパ飲みさせて頂きます。ありがとう!R君

IMG_00_508.jpg
まずボディ側の角度を確認します。91.6度。
仕込み角が1.5度の計算なので、ほぼ計算通り。

IMG_00_489.jpg
なのでネック側を88.5度にしてダブテイル加工すれば良い訳です。
線を引いてサンダーで削り、ラインを出しておきます。
この時0フレットから15フレットの距離 マイナス1mm強まで削ります。
ボディとネックの接合部に少しスキマを作って、ネックリセットする時のスチーム吹き込み口にする為です。

IMG_00_507.jpg
写真が前後しちゃいますが、こういう事です。

IMG_00_490.jpg
インドローズとH.マホガニーはOKだったんですが、A.マホガニーとオバンコールのボディはココが90度になってました。
これはトップのXブレースをしてから側板に接着するまで結構時間が空いてしまい、フラットに近づいてしまった結果。
しかし完全にフラットになった訳ではない。
ブリッジ付近を含めて諸々計測すると0.5度角くらいの仕込みが必要なようです。

IMG_00_488.jpg
という事で1.5度角と0.5度角用のスペーサーを用意。
今回の設計では0フレットあたりで3mm置くと約0.5度の角度になりました。
14フレットジョイントなら大体そうなる。か、どうかは判りません。

IMG_00_491.jpg
クランプはこんな感じ。
前回の記事で書きましたがセンターラインに丸棒が突っ込んであり、
左右にはブレないようになっています。
しかしこの見込みが後に大きな誤算となります。

IMG_00_492.jpg
掘っております。
土台はウクレレの時作ったモノです。

IMG_00_509.jpg
ボディは15FEETのRの付いたMDFで押さえています。

IMG_00_494.jpg
中々良いようです。

IMG_00_498.jpg
ラフカットします。

IMG_00_495.jpg
合わせてみました。
バック板方向にスキ間が出来てしまいました。
ネックを削る時にトリマーを少し傾けてしまったようです。

IMG_00_499.jpg
2本目。今度は上手く行ったかなと思ったら、
僅かに中央部分にスキ間ができました。
少しサンディングすれば消えるかな?
フィッテイング作業は次回。

IMG_00_497.jpg
で4本終わりました。
実はこの段階で既に失敗しております。
左端のネックを見てください。
センターずれしてるのに気付きますでしょうか。
3本目まで順調だったんです。
4本目でまさかの事態に。何故か?

IMG_8792.jpg
答えがコレです。
丸棒のポッチが土台の穴に浅くハマっていた為、斜めに動いてしまった。
丸棒も下穴も、無論トラスロッドの溝も「壊れ」は無くしっかりしていました。
しかし、4本目まで順調すぎたせいで「丸棒ポッチガイドは完璧だな」とセンターラインの確認をせずクランプ。
コレが最大のミス。

IMG_00_503.jpg
実際どのくらいずれてしまったかと言うと、こんな感じ。
って判り辛いですね。

IMG_00_504.jpg
センターラインに対しちょうどトラスロッドの幅の半分くらい斜めにセッティングされた格好です。

IMG_00_505.jpg
トラスロッドがネックに対し斜めにセッティングされてしまってはねじれの原因になるのは容易に想像できます。

IMG_00_506.jpg
なのであくまでネックに真っ直ぐトラスロッドが走るようにネックラインを書きます。

IMG_8781.jpg
その延長線を確認してみるとセンターラインが右に1.5mm強ずれるようです。ハァ

ヤイAI!お前にこんな失敗が出来るか!ザマーミロ
さて、どうしたものか・・・(´;ω;)
関連記事

Comment 0

What's new?