FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

006 仕上げ 配線から研磨への逆行

  15, 2016 11:27
期待を裏切らない男の失敗は続きます。
どうも集中力が切れてるのか疲れてるのか良く判りませんが
アコギに続きこっちでも大ミスしました

IMG_JBSTR093.jpg
バフ掛けが完了し、配線作業に移ろうかという所からスタート。

IMG_JBSTR094.jpg
キャビティに銅箔テープを巻いております。
テープの境目の隙間にハンダ付けも忘れずに。

IMG_JBSTR095.jpg
事件はココで起きます。
ピックアップ固定ビスの下穴開け作業。
現物あわせです。
この行為自体問題ないんですが、注意力が足りませんでした。
何に対して注意力が足りなかったというと・・・

IMG_JBSTR096.jpg
ふんぎゃああああああああああああ!!
穴がぁ穴がああぁぁ・・・貫通しましたよっと・・・( ´;ω;)

今回のベースは当初書いた通りボディ厚が5mm程薄くなっております
そこに何も考えず、ビスの長さだけ気にして下穴開けたものだからこのザマ。
8つ穴あけて、貫通したのは4つですからもうギリギリアウトだったんですね。

IMG_JBSTR097.jpg
バフ掛け終わった後のコレはホント凹みます。
しばし茫然と過ごしながらも修復に掛かります。
まず穴をきれいに開けなおします。
3mmだったかな?

IMG_JBSTR098.jpg
ボディと同じアッシュの端材から材料切り出し。
何度となく紹介しているのほほんさんのやり方で丸棒作ります。

IMG_JBSTR099.jpg
一工夫。
角棒をドリルチャックに仕込んだら、鉛筆削りで少し尖らせます。

IMG_JBSTR100.jpg
すると楽に突っ込めます。

IMG_JBSTR101.jpg
割とギッチギチの寸法で押し込みます。
接着はタイトボンド。
エポキシとか瞬間接着剤の方が導管埋めも兼ねられて
良い気がするんですがね。

IMG_JBSTR102.jpg
アサリのないフラッシュカットソーで慎重に切ったら色合わせをします。
でも同化させるのはあきらめました。難易度高すぎます。

IMG_JBSTR104.jpg
あとはクリアに20%くらいシンナー混ぜたもので肉盛りして行きます。
最終的に完全な平面に出来ないかもしれません(少し凸った状態でごまかす感じ)。
3週間くらい乾燥させましょうかね。

IMG_JBSTR103.jpg
細かい作業に集中してふっと視線を上げると完璧に
磨き上げられた全体像が深い悲しみを誘います。
何やってんだよ・・・と。

まぁブログタイトル通り。
期待を裏切らない男の戦いは続きます( ゚Д゚)ノ
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。