FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

026 ダブテイル加工 その4 ~艱難辛苦?自業自得?~

  17, 2016 18:29
ちょっと間が空いてしまいましたが、コッチも進行中。

IMG_00_510.jpg
よく見かける作業ですが、この作業はネック側とボディ側のラインをピタッと密着させる事を目的にしてます。
今回ボディ側のラインもしっかりしており、ネック側のトリマー跡を少しならす程度で済みました。
基本この作業で削りすぎてしまってはダブテイルのフィットがオシャカになりますので、極力
最小限の削除量に勤めます。やらないに越した事はない作業といっていいんでしょうか?

IMG_00_511.jpg
見た目に影響する↑の作業と平行して、実際当たってしまっている箇所を特定し
フィットを追い込みます。
カーボン紙挟んでます。
写真の木片はリハーサルで使ったやつですね(笑)

IMG_00_512.jpg
「ああココがあたってるのかな?」なんて言いながら少~しづつ削ってやります。

IMG_00_527.jpg
フィッテイング完了!

IMG_00_528.jpg
と思いきやトップ側にネックを引っ張ると(弦が引っ張る方向)
浮いてきます。無論接着すれば動かないんですが、フィッティングが
完璧ならこんな事にはならないはず。
ボディ側の凹み奥行きとネック側の凸奥行きが、完全に一致してないんじゃないか?

IMG_00_529.jpg
さらに追い込み取りあえず持ち上げたぐらいでは動かない所まで持っていきましたが、
う~~~ん、難しいなぁ・・・。
正直極めて未熟な状態といえるでしょう。
ジグも作り直しかな・・・。

IMG_00_530.jpg
取りあえず2本完了?うーん。
まだモヤモヤする。

IMG_00_513.jpg
さて後2本。ホンジュラスマホガニーの方ですが
前回センターずれで失敗した1本は作り直す事にしました。
しかし、上手く行ってた方の1本もフィッテイング作業中に何を思ったか
「少しボディとの接地面が荒いなぁ」ともう一度ジグにハメて
トリマーで削っちゃったんです。
その愚行の結果がコレ。
根元で段になってるのが判るでしょうか?
当然ハメてみるとガタガタに。
「まじかよ・・・。」と肩を落としたのでした。

IMG_00_514.jpg
そしてココからさらに愚行を重ねていきます。
何してるかというとココでバッサリカットして新たな材を接着後、
再度ダブテイル加工しようとしています。

・失敗したダブテイル部に薄い木片を接着して成型。
・12フレットジョイントギターに転用。

という選択肢が(この時は)頭になく、貴重なホンマホを
無駄にしたくない一心で出した苦肉の策でした。

IMG_00_515.jpg
一応作業を追って見ましょう。
どの辺でカットすれば一番強度に不安が残らないか考えている所。

IMG_00_516.jpg
結局考えてもハッキリ答えが出ないのでエイヤで決定。

IMG_00_518.jpg
もう後には引けません。

IMG_00_519.jpg
一度手押しカンナでならします。

IMG_00_520.jpg
最後は280番→400番とサンディングで平面を出しました。

IMG_00_521.jpg
必死にサンディングし、吸い付くような平面を出します。

IMG_00_530_20160717182941af0.jpg
予備クランプ。軽く締めたところ問題なさそうだと
この時は判断しました。

IMG_00_522.jpg
しかしこれが大きな間違い。
いざタイトボンド塗ってクランプし強く締め付けていくと
(ヘッド角の分)バランスが崩れ「浮き」がでてきます。
締め込むとそうなるので、焦ってバランスの取れる
ポイントを探るもそう上手くは行かず。
結局写真のような状態でクランプするしか手立てがなくなった訳です。

IMG_00_531.jpg
翌日。
一見しっかり接着されているようですが・・・

IMG_00_532.jpg
写真では判り辛いかもしれませんが、
果たして、明らかな隙間が出来てしまいました。
断念します。

結局2本とももうネックとしては使えません。
12フレットジョイントへの転用も無理な長さです。
あまりに悔しかったのでこの長さでも作れるサイズのミニギターの図面を引き、なんとか心を落ち着けました。
いずれ必ず作ります。

致し方無し。
さあ、新たな材料で作り直しです。次回。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。