FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

028 指板加工 ~4本分・・・いや6本だと!?~

  24, 2016 16:39
えー、このoo-styleギターの製作記事も早いもので約1年経ちました。
今まで2本を8~9ヶ月くらいで作ってましたから、
「ま、1年以上は掛かるだろうなぁ」
と思ってました。
4本同時ですから。
でもまさか1年経ってまだこの段階とは考えもしませんでした。
予定ではとっくに塗装に入っていたハズです。

なぜだ( ゚Д゚)!
英国のEU脱退に伴う為替の影響か?否
ガンズ再結成の影響か?否
PINK SAPPHIRE再結成の影響か?否
それともギリギリガールズ再結成の・・・
ええい!再結成はもうええっちゅうねん!

ホントの理由はわかりませんが今回の指板の溝切りが
全工程の進行に影響を与える一因なのは間違いありません。

それほど「嫌」ってことです。

IMG_00_523.jpg
まずドラムサンダーで6mmまで落とします。

IMG_00_525.jpg
ちょっと寄り道。
指板の面がブリッジでどの辺になってるかチェック。

IMG_00_526.jpg
だいたい6.5mmくらいかな?
図面上だと6.28だったんでまぁまぁかな?
仕込み角が1.5度のやつは7mm弱になっていました。
これもまずまず。

IMG_00_550.jpg
よっしゃ、溝切りだあぁぁぁ(←テンション低い)
材はエボニー、カリマンタンエボニー、インドローズ2本です。

IMG_00_551.jpg
まずセンターラインを引きます。

IMG_00_552.jpg
それにCAD図をデザインボンドで貼り付け。
センターあわせを正確にしておきます。

IMG_00_553.jpg
ジグの全景です。
参考記事:015 指板 その2 フレットソージグ登場

IMG_00_554.jpg
このやり方の場合まずジグ側のライン指板のラインをピタッとそろえます。
これがまずシンドイ。
頭の位置を真上に固定して、片目で行います。
実はこの作業がすごく疲れるんですよね。
なので片面の直線を出しておいて溝がそれに直角になるように
紙を貼り付ければいくらか楽です。
でも自分はこっちの方が安心できるんです。
説明が難しいですが、まぁ「バカなやり方やってるなぁ」と思って下さい。

IMG_00_555.jpg
後は切っていくだけなんですが、アサリのないノコは
抵抗がすごくジグもギチギチに作ってますので力が要ります。
ノコに任せて仕事させるなんて状態とは程遠いです。

IMG_00_556.jpg
ふぅ、ようやく折り返し地点じゃ。
ここまでの所要時間、休憩入れて約5時間・・・。

IMG_00_557.jpg
ぜーぜー。
うおりゃあああああああああ!
終わったぞおおおおお( ゚Д゚)!

写真にするとアッという間なのがウラメシイほどの疲労感。
(4本分切るのに大体1日半。休憩含む)

しかし、ここで気を抜いたのが運の尽きか。
悲劇が起きます。

IMG_00_558.jpg
後はテンプレートに合わせてトリミングするだけなんですが、そこでやっちまった訳です。

IMG_00_559.jpg
コレ。トリマーが側面から小口側に移り、0フレット
をキレイに削ってやろうとしていた時におきました。
そんなに無茶な量を削ってたわけでないのですが
なんの前触れもなくパキって感じで簡単に大チップしました(´;ω;)
もうね。
一日半掛けて溝切ったんだから一日半泣き崩れていたい気持ちですよ。

IMG_00_560.jpg
今までこのやり方で削ってきたし、後で出てきますが
コレやる前にインドローズで無茶な削り方して思いっきり割ってしまいました。
なのでかなり注意して作業していたんですが、
あっけなく割れました。

この経験から私はもう二度と指板の小口面をトリマー掛けしないでしょう。

IMG_00_562.jpg
そのインドローズがコレ。
判りますかね?
余った部分をいったん切り落として成型しようと
した時に割った残骸です。

このやり方はいくらなんでも無茶ですよね。
チップして当然です。

IMG_00_563.jpg
一応修復を試みます。

IMG_00_564.jpg
しかし、破片を全部拾えたわけでなく、サイドはこの有様。

IMG_00_565.jpg
エンド側もこんな感じ。
溝切り直すのがイヤでなんとかしたいと思いましたが・・・
やっぱダメ。やり直します。

IMG_00_566.jpg
新規:エボニー2Aとカリマンタンエボニー。
廃棄:インドローズ1000円、カリマンタンエボニー1200円也。

IMG_00_567.jpg
こんどは0フレットもこのジグでカットします。
こっちのが正確です。
これからコレで行きます。

IMG_00_568.jpg
絶対にチップは許されないのですこ~しずつ慎重に・・・。

IMG_00_569.jpg
終わりました。
「ホントにオレ6本分の溝切りやったんだなぁ」
という記念撮影。
達成感と虚脱感が半々な気持ち(;´Д`)y─┛~~.

IMG_00_571.jpg
あとはもう気を抜いても、そうそうミスしない工程。
ポジションインレイです。

IMG_00_570.jpg
単純に4mmの丸にします。

IMG_00_572.jpg
エポキシで接着。
ポジションは各メーカー結構色々違いがあったりします。
ちなみに手持ちのD-28は3フレットなしの7フレットに2個ポジションだったりします。
今回は色々取り混ぜてみました。

IMG_00_573.jpg
翌日ドラムサンダーで削って本工程終了。

IMG_00_574.jpg
やばい。もうね、唯々
ずっと眺めていたい!
コーヒー片手に一日半は眺めていたい!!

そんな週末でした。

関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。