FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

030 ヘッドインレイ その1 ~何故上手くできないのだろうか~

  28, 2016 19:05
ヘッドインレイに手を付けます。
ウクレレでも書きましたがこの工程はホントに苦手。
上達しない。向いてない。不器用にも程がある。
部活で「インレイ部」があったら間違いなく万年補欠でしょう。

なので貝のインレイやめてスクリーン印刷にしようかと
本気で考えたりします。
でもまだインレイに関しては本数をこなしてないし
まだ伸びシロがあるんじゃないかと果敢に挑戦するのであります。
「アナタはやれば出来る子なのよ( ゚Д゚)ノベシ」


IMG_00_600.jpg
まず貝を切り出します。
「楽律(ガクリツ)」というのは我が屋号なのですが、
誰が決めたんだよとグチりたくなる形状。
四方八方から糸鋸で攻め立てます。

IMG_00_601.jpg
ふんぎゃあああああ(´;ω;)
今回4本分のインレイ切り出すのに
3回くらいコレやりました。

IMG_00_602.jpg
めげずに切り出したのがコレ。
これ見よがしにおいてあるタバコは
「見てこの小ささ!僕がんばったよ!」という無意味なアピールです。
ホントはもっと小さくしたいんですがね・・・。

IMG_00_603.jpg
1セット切り出すたびに小袋に入れます。
コレやらないと大変な事になります。イヤホント。

IMG_00_604.jpg
文字の中の空間に穴をあけてます。
ホントは四角くしたいですが穴空けるので精一杯。

IMG_00_605.jpg
切り出し終了。
写真は4セットですが、このあと勢い余ってもう1セット切り出しました。
「この後の工程でやっちまった場合用」だったのですが、
結局その1セットを使うハメになりました。
後述。

IMG_00_606.jpg
ヘッドプレートは主にバック材の余り。
一部大和マークさんで買った天神板も使いました。

IMG_00_607.jpg
取り付け位置のバランスをみていますね。

IMG_00_608.jpg
CAD図をPDF化してイラレに取り込み、文字を重ねて印刷したもの。

IMG_00_609.jpg
紙が濡れているように見えるのは瞬間接着剤でべったり貼り付けてるからです。
ルーターで掘る時、普通のノリだとめくれ上がってきちゃうので瞬着で固定してます。

んで、文字の切り出しが正確なら印刷した文字を彫るだけで入るはずなんですが、
そんな正確に切れているはずも無いのでガタガタです。
写真が判りにくいかもしれませんがかなりヒドイ状態なので
「こりゃダメだな」と思いながらもマホガニーの粉混ぜた
エポキシでエイヤで接着してみました。

IMG_00_612.jpg
ご覧の通り、見るに耐えません。
結局ボツにしました。
濡らしているのは仕上がり時の色合いで
確認していると言う事です。

IMG_00_610.jpg
こりゃイカンという事でインレイを紙に点付けし・・・。

IMG_00_611.jpg
先の尖った棒でカリカリなぞります。
そもそもこのやり方が本道というかセオリーなんですが
メンドクサクて省いてたんですね。

IMG_00_613.jpg
多少はマシになりました。
しかし、印刷した文字の上をカリカリ掘った線は
見辛いったらありゃしない。
やり方を変えます。

IMG_00_616.jpg
白紙の紙にインレイを押さえつつ、0.2mmの極細シャープペンでなぞります。

IMG_00_617.jpg
このほうが見やすいですね。
手が滑って「楽」の上の部分がひどい事になってますが、
ソコ以外は今までで一番良い感じです。
私にはこのやり方がベストかもしれません。

つづく。
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。