FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

046 ネック&ブリッジ接着 その2

  17, 2017 17:50
いよいよ接着です。

IMG_00_883.jpg
指板のRと同じカーブの当て木を用意。
厳密には指板のRよりも少しきつめのRにしてます。
指板両端を押さえるイメージです。
僅かですがね。

IMG_00_884.jpg
もう途中の写真撮ってる余裕なんかある訳ありません。
兎に角リハーサルを欠かさない事が大事かと。

IMG_00_885.jpg
ブリッジです。
両面テープで所定の位置に張ります。

IMG_00_886.jpg
慎重に切れ込みを入れます。
力を入れず、刃は何度も通す感じで。

IMG_00_887.jpg
切れ込みを入れた図。
って写真じゃ全然ワカランワイ( ゚Д゚)

IMG_00_888.jpg
剥がすとこの通り。

IMG_00_889.jpg
この作業は精神力を使いますね(;´Д`)y─┛~~.

IMG_00_890.jpg
細か~~~い調整を繰り返し、位置が決まったら固定用ドリルの穴あけ。
これは奥村氏のブログで知った技。あれ前にも書いたっけ?

IMG_00_891.jpg
こんな感じです。

IMG_00_892.jpg
ドリルが少し裏に出てもいいように大きめの穴を空けた当て木。
ブリッジ裏に仕込みます。

IMG_00_893.jpg
クランプと各種当て木を用意。
当て木には100均で買ったフェルトを貼り付けてあります。

IMG_00_894.jpg
いざ( ゚Д゚)ノ
ってこれはリハーサルですw
クランプもう一個いけそうだな。

IMG_00_895.jpg
コッチが接着本番。
見た目が一緒なのは私のせいではありませぬ。
ちなみにブリッジじゃないとことにクランプからネジが出てますが
これはCクランプが重力方向に傾いてしまうのを防ぐだけのつっかえ棒です。

IMG_00_896.jpg
ところで4本分の作業を終えて思ったこと。
・切込みを入れてあれば割と大胆にマスキングをはがしても塗膜が持ってかれる大惨事は起きなかった事。
・紙ベースのマスキングテープよりPVCベースのが全然作業し易い。

って感じでしょうか。

IMG_00_897.jpg
最後のインドローズボディ。
段々上手くなってくのが自分でも判ります。

IMG_00_898.jpg
なんて悦に入ってると失敗するものです。
実際このインドローズでネックとボディ接合面の片側に謎のスキマが出来てしまいました。
モチロン接着が終わった後気付いたんですがね。ハァ
再三書いてますが、今回ダブテイルが上手く行かず
全面的に納得がいってません
やはり・・・という感じで起きた現象。
次こそは( ゚Д゚)!
でもブリッジはきれいにできたなぁ。

IMG_00_899.jpg
完成に向けて吊るされております。

IMG_00_900.jpg
あとブリッジをオイル塗って磨いてやろうと思ったんですが、
不思議と磨けば磨くほどおもちゃっぽくなるというか
プラのイミテーションみたいに見えてやめましたw

最後にあるルシアーの動画を紹介。


見たことある人も多いと思いますが、この人のブリッジの接着は面白くて
ブリッジのふちにわずかな「棚」を作って、塗膜のカットラインはブリッジ自体より少し小さくなっていて
ふちだけが塗装に乗ってる状態な訳です。(45:25頃)
なるほどコレならブリッジのキワはきれいに仕上がりますね。
(私の英語は怪しいので違ったらごめんなさい)
関連記事

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。