FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

047 何かが違う・・・ 何かが! 仕上げ工程からの逆行と逆上

  15, 2017 14:48
来年は 新垣結衣と 夏祭り
一句詠んでみました。
ありえない事の例えです。


これまでいろんな失敗をして参りましたが、今度のはこれまでで一番の衝撃的なミスです。
マジで立ち直れてません。

何でかな 何でかなったら 何でかね
後述。

IMG_00_950.jpg
仕上げ工程に移って2本目のすり合わせが終了した時でした。
先に仕上げていたマホボディはサドルのオクターブチューンをしないで
弦を張り、馴染ませていました。

IMG_00_951.jpg
ところがいざオクターブチューニングしてみると、目一杯前に出しても
12fの音が低い。半音の半分くらい低い。
この時点で冷や汗がタラーリ。
「やばい。なんか間違えてる・・・」

IMG_00_952.jpg
スケールを測って見ると
「645mm・・・アレ?このスケールって632.46mmじゃなかったか?」
CADの図面を確認すると確かに632.46で書いてある。
今度は12fまでの距離を測って見ると316mm。
フレット割りは正しく632.46スケールのものだ。
「ということは・・・」

IMG_00_953.jpg
試しにオクターブが合う位置を探ってみる。
1弦で約634mm
スケール長からオフセット1.5mmの距離だ。

IMG_00_954.jpg
6弦で640mm。7.5mm後ろの位置。

上記2点の写真から見て取れるように明らかにブリッジ位置が後ろ過ぎる。

IMG_00_955.jpg
どうしてこうなった( ゚Д゚)
と、過去の製作記事を調べていくとこの写真が見つかった。
ブリッジの位置出しの記事です。

判りづらいですが、直定規にマスキングテープが張ってあるのが確認できます。
この数値がどうも645mmあたり。
この数字は何かというD-28のスケール長
つまりこのときオフセット(弦の張力によるピッチアップに対応する為、実際のスケール長よりも長く取る値)
に悩んでいて、手持ちのD-28を実測し、「フムフムそうか」とマスキングテープ貼ったんです。
で、そのままの状態でこれが今回作成中の基準のスケール長+オフセット値だと思い込んでしまい
作業していたようなのです

つまり、4本全部D-28のスケール長25.4inch(645.2mm)で取り付けてしまったという訳です。
マジスカ・・・4本全部ッスカ!このカスがぁ( ゚Д゚)!
ちっくしょおおおおおおおおおおぉぉぉぉ(´;ω;)

IMG_00_956.jpg
そういえばブリッジ接着時どうもブリッジプレートの位置がズレてる気がするなぁと感じていたんですが、
確認してみるとご覧のとおり。思いっきり後ろにブリッジ穴がきてます。
このときは「加工精度が悪いから図面通りになってないだけだろう」と
大きな過ちに気付いてませんでした。

IMG_00_957.jpg
どうしようもない。やり直すしかない。
「12mm近く後ろに付けたんだから、こりゃ塗装もタッチアップするしかないのか?」
と、はらはらと涙を落としつつ、立ち上る湯気を眺めておりました。

IMG_00_958.jpg
こういう風に心がヤサグレている時はさらに失敗を重ねるもの。
無理に力入れすぎて端が欠けちまいました。

IMG_00_959.jpg
「こうなったらもうブリッジも作り直したるワイ!」

IMG_00_960.jpg
そして塗装を剥ぎながら思うのでした。
「タッチアップったってどの範囲をやる?上手く行くのかなぁ・・・」

IMG_00_961.jpg
「ニカワで接着したのくらいはキレイに剥がせるだろ」
とホンジュラスローズのヤツだけ再チャレンジ。
写真の様にブリッジ穴に半田ごてを、濡らした布ごしに突っ込むと
蒸し風呂よろしく効果テキメンで、パレットナイフがスッと入ります。

IMG_00_962.jpg
一見上手く行ったように見えますが・・・

IMG_00_963.jpg
端っこのこの部分を破損。
原因は焦って早くニカワをふやかしたくて、やたらと水分を追加してしまい、
ふにゃふにゃになった表板をパレットナイフでえぐってしまいました。
タイトボンドでもそうなんでしょうが、焦りと、余計な水分と、力は禁物
接着剤が柔らかくなるまで根気良く暖める。コレに尽きるようです。

IMG_00_964.jpg
基本的にはこのくらいまで塗装剥がしてタッチアップしてみたいと思います。
正直上手くできるか自信ないです。

IMG_00_965.jpg
破損箇所も修復しなきゃね。

IMG_00_966.jpg
最後の4本目。作業前。
これなんか凄くキレイに上手く行ってたのになぁ・・・
忍びねぇ。全くもって忍びねぇ。

この製作記終わる気がしねぇ。
関連記事

Comment - 2

さいたまんじ  

あるある・・・・

お久しぶりです。
やっちまいましたねぇ、スケールって悩むんですよね。
スケールに限らずギター製作は悩みばかりみたいに思うのは私だけでしょうか?
それでも作るってぇのは「いったい何?」

いつも参考にさせてもらっています。
ゆ~っくり作ってます。

Edit | Reply | 
travispitz  

No title

おお、さいたまんじさん
ご無沙汰です。
なんというか悩まない箇所ってないですよね。
音に関係ないトコでも見栄えは大事なので結局悩む。
まぁ失敗は落ち込みますけど、修復は結構楽しかったり・・・w

何れにせよ、拙いブログですがゆっくり見て頂いて感謝です!

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。