FC2ブログ
POST
 ギターリペア・音楽の話題など。素人リペアマンの備忘録。僕の失敗で癒されて下さい(´・ω・)

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 CrossCut Sledを作るゾ( ゚Д゚)ノ&5Cut Method

  19, 2017 17:12
表題の通り、CrossCut Sledを作ります。
風邪をひいてモーローとしている最中、ややこしい記事書いてるので
文章がいつも以上に理解し難いかもですが、ご容赦。

CrossCutとは横挽き、Sledはソリの意。
テーブルソーで横挽きするためのジグということです。
ZAKKI_CCS_001.jpg
まずは材料。
エコモクさんで買った白樺の間伐材の合板です。
フィンランドバーチとかの半値!
流石に見た目とかではフィンランドバーチに勝てませんが、ジグつくりには十分です。

ZAKKI_CCS_002.jpg
ラフカット。

ZAKKI_CCS_003.jpg
テーブルソーでさらにカット。
大体の大きさを揃えます。

ZAKKI_CCS_004.jpg
フェンス兼、持ち手の部分。
両手を添えても親指が真ん中(刃が通るところ)に届かないようにします。

ZAKKI_CCS_005.jpg
バンドソーでラフカット。

ZAKKI_CCS_006.jpg
直角を出しておきます。

ZAKKI_CCS_007.jpg
マイタースロットに嵌めるソリの部分。
これは練習。

ZAKKI_CCS_008.jpg
こんな感じになる訳です。
最初パープルハートの端材で作ろうとしたんですが、失敗。
結局、合板の端材でつくりました。

ZAKKI_CCS_009.jpg
ソリの厚みはマイタースロットの深さより薄くしてますので、ワッシャーでかさ上げ。

ZAKKI_CCS_010.jpg
メインボードを接着。

ZAKKI_CCS_011.jpg
さらにビス止め。

ZAKKI_CCS_012.jpg
バック側を割りとテキトーにビス止め。
ここはメインボードに切れ目を入れたときに保持してくれるだけでいいので。

ZAKKI_CCS_013.jpg
チップソーを回転させながらせり上げていきます。

ZAKKI_CCS_014.jpg
出来た切れ目にジャストの木片を嵌め込み、スコヤで直角出し。
この時点で手前のフェンスはテキトーな所で両端ビス2点止めしてます。

ZAKKI_CCS_015.jpg
別の角度から見たところ。
写真は無いですが、持ち手のところはサンディング→Rコーナービットで面取りしてます。
まぁ、見た目とさわり心地の為だけですけどね。

さぁココまでの工程で直角がビシッっと出てればいいんですが、そう上手い話はありません。
で、登場するのが、5 Cut Methodと呼ばれる調整法。 アメリカの木工家の動画に良く上がっています↓

(この動画の9:15~に数式が出てきます。)

ZAKKI_CCS_016.jpg
まずテキトーな板材の1辺をカット。

ZAKKI_CCS_017.jpg
カットした面を底辺にして2回目のカット。

ZAKKI_CCS_018.jpg
この要領で4回カットし、5回目は多少幅を持たせてカットします。

ZAKKI_CCS_019.jpg
こんな感じ。

ZAKKI_CCS_020.jpg
そのカットした木片の上端幅と下端幅を計測し、「差」を見ます。
もしチップソーとスレッドのフェンスが完璧な直角なら
この値は0になります。理論上。
しかし、上端幅12.94mm下端幅13.12mmでした。
差は0.18mm。

ZAKKI_CCS_021.jpg
で、ちょっとややこしいんですが、こんな計算式を使います。
このときはまだ良く判ってなくて下端-上端にしてますが、
上端-下端にしてプラスとマイナスをそのまま付けておいた方が判りやすいです。
つまりどういうことかというと・・・
5cutmethod.jpg
こういうことになります。たぶん。

ZAKKI_CCS_022.jpg
出た値のシックネスゲージを挟んでビスを一本外し、
ゲージを抜いて、フェンスを動かし、新しいの箇所にビス打ち。
最初間違えて逆方向に動かしました。
これは先ほどの下端-上端でやって出来た気になっていたから。
理屈がちゃんとわかってれば、差が判れば良いのでどっちでも良いのですが・・・。
このあたり判りづらいですよね(;´Д`)y─┛~~.
まぁ動画みてイメージしてみてください。(←投げやがった!)

ZAKKI_CCS_024.jpg
なんかやり直してるとこです。

ZAKKI_CCS_025.jpg
てなことで、完成( ゚Д゚)ノ

ZAKKI_CCS_026.jpg
そもそも何の為にコレを作ったかと言うと、あの作業を簡素化省力化する為です。
あの作業とはズバリフレットの溝切り!!!
このブログでも再三書いてきましたが、製作中最も労力を消費しモチベーションを下げる魔の作業です。
ココからどんな風にしていくかは本編にて!
関連記事

Comment - 2

あかつき  

これは凄い!後々ラクになりますね!
私的「魔の作業」は指板の削り(アール付けと直進性)なので、なんとかしたいとは思うのですが・・・。
それはともかく、本編を楽しみにしています。

Edit | Reply | 
travispitz  

Re: タイトルなし

>あかつきさん
ありがとうございます!
使う材にもよりますけど、指板のRも疲れますよね~神経使うし。
というか加齢と供にあらゆる作業が疲れやすくなってきたような気がw
R付けはYouTubeで色んなジグで、工夫している人が居て面白いですね。
もう知ってる動画もあるでしょうが「fingerboard radius jig」で検索してみて下さい!

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。